ドイツ フォルクスワーゲン VWポロ

ポロはゴルフよりも一回り小さく日本車で言えば、ヴィッツかフィットなどと同じクラスに属するコンパクトカーである。 ルポの販売が終了した今、フォルクスワーゲンにとっては入門モデルとしての役割も担っている。 現行のモデルは一昨年末に登場した。 4メートルを切る全長、5ナンバー枠に収まる全幅など日本の道に最適なサイイズは往年のゴルフUにほぼ 重なる。プリウス 値引きと言われる エンジンはTSIと呼ばれる排気量1.2リッターの直噴ターボ。105psの最高出力は平均的だが、 最大トルクは17.8を誇り、しかも1550〜4100rpmという幅広い回転域でもたらされる。

組み合わされるのは7速DSG。ふたつのクラッチを持ち、切れ目ない変速を可能にした 自動制御のマニュアルギアボックスは要はトルコン式ATよりスポーティに走れて燃費にも大いに貢献する優れモノです。

スポーティな仕立てとされたGTIには、ターボチャージャーとスーパーチャージャーの両方を組み合わせて 最高出力、実に179psを発生する1.4Lエンジンが積まれる。 いずれにしてもコンパクトカーとしては、なんとも贅沢なパワートレインが用意されているのである。

また、日本車との競争も激化していきそうだ。

VW ポロ

相互リンク